ルール無用の非モテ中年ぶった斬り!

中年男性がモテにくいのにはいろいろと理由があります。たいていの場合は、女性にとって「ウザい」「面倒」と思われる行動をとっているのが原因です。嫌われていたかもしれない過去の自分を切り捨てて、風俗嬢から激モテするオジサマになる第一歩を踏みだしましょう!


1.「しつこい!」と思われたら負け!

どの世代にもいますが、特に中年男性は風俗嬢から「しつこい」というイメージを持たれています。その理由は、なぜか中年世代に多い「本番交渉」です。若い世代の男性も交渉をする人はいますが、女の子が断れば大抵の場合は引きさがります。残念なことに一部のシニア世代は風俗経験も長く、どこかで成功した経験があるためか“しつこく”粘る傾向にあるようです。「前の子は大丈夫だったよ」「お店には内緒にするよ」「追加を払うよ」と恥も外聞もかなぐり捨てて交渉する輩が意外と多くいます。そういう経験があるから、風俗嬢たちは中年と聞いただけで「しつこいのかなぁ」と不安に思ってしまっています。さらにちょっとしたことで「やっぱりしつこかった!」と手厳しい評価を受けてしまう可能性があるわけです。
一部の悪者のせいとはいえ非常に残念ではあります。モテたいと思うなら「中年男性は評価が厳しくなってる」ということを肝に銘じて、風俗嬢に対して優しくスマートに接するようにしていきましょう!


2.お酒を飲んだら風俗はやめ!

歳をとるとどうしてもお酒に弱くなってしまいますよね。これくらいじゃ酔ってない!と自分では思っていても、周囲から見たらけっこう泥酔しているなんてケースは多々あると思います。酔っているにも関わらずテンションが上がってしまい「風俗で遊ぶぞ!」「オキニの子とHしよう!」なんてことはやめましょう。ただでさえ精力も弱くなっているのに泥酔していたらどんな問題が起こるかわかりません。そもそも酔っていたら感度が鈍ってしまいますし、女体への愛撫だっておざなりになってしまいがちです。マグロ状態になりそのまま寝てしまったりしたら目も当てられません。「面倒なオジサマ」として女の子からウザがられてしまいます。もう若くはないわけですから、お酒はお酒、風俗は風俗として遊びをしっかりわけていきましょう!


3.語りたいのは自分だけ!

一般的に歳をとると「説教臭くなる」と言われていますよね。女性からすれば「口うるさい中年」は最も嫌われる典型です。特に風俗という場所では女の子から呆れられることは間違いありません。
お金を払って風俗嬢を呼ぶのは、性欲を満たすため、楽しい時間を過ごすためですよね。嬢たちも二人で楽しみたいと思ってきてくれているわけです。お互いがイイ時間を共有したいと感じているのに、説教でぶち壊すなんて無粋な真似をしてはいけません。もしプレイ後の会話で口うるさくするようなことがあれば「裸で何言ってんの?」「することだけしといて…」と呆れられてしまうことは間違いありません。何か嫌なことがあったりしたのかもしれません、持論を展開して尊敬を集めたいのかもしれません。説教臭くなる理由はいろいろとあるでしょうが、ベッドの上ではひとまず抑えてただHを楽しみましょう。風俗嬢からモテる中年は場をわきまえた行動ができるものです!