むしろ嫌われる?風俗に行ってあえてプレイしない男がダメな理由

風俗嬢に嫌われるタイプの客は、挙げればキリがないのですが、あえてプレイをしないという男性はモテないことが多いです。デリヘルなどであれば、家でお酒を飲んだりといった楽しみ方が可能ですが、ピンサロや店舗型ヘルスは「話して終わり」となります。サービスをしなくていいんだから、女の子も楽でいいじゃないか、と思うかもしれませんが、問題はそういうことではないのです。この記事ではあえてプレイしない客のとこがダメなのか、お話しいたしましょう。


プレイをしない理由

ピンサロや店舗型ヘルスにおいて、嬢とおしゃべりだけして帰る男性は、どういった理由からそのようにしているのでしょうか。まずひとつ考えられるのは、会社の同僚や上司の付き合いで来ていて、自分は恋人あるいは妻がいるのでプレイしない、というケースです。これは風俗嬢も納得でしょう。嫌がることなく、時間いっぱいお喋りに付き合ってくれるはずです。

次に考えられるのは、嬢の前でかっこつけようとしているケースです。自分は他の男と違い、こういう店に来ても性欲には負けないんだ。プレイなんか必要ないんだとアピールすることで、誠実な男を演出するわけですね。

最後に、恋人と別れた勢いで来てしまったケース。いざ女の子を前にすると冷静になって、べつにエッチなことなどしたくないことに気づく。こういう男性も意外と多いようなのです。そしてそこから、よりを戻すにはどうしたらいいかとか、もう俺には恋愛はできないんじゃないかとか、お悩み相談や愚痴に発展するわけですね。


じゃあなんで来たの?

風俗嬢にモテないのは、かっこつけの男性と、失恋の勢いで風俗に足を運んでしまった男性です。失恋に関しては、まあ勢いで風俗に行ってしまうというのはわからなくもないのですが、そこから恋愛相談や愚痴が始まるのですから、嬢は辟易することでしょう。嬢にとってその男性は友達でもなんでもないわけで、どうなろうと知ったことではないのです。

しかし最悪なのは、かっこつけの男ですね。風俗はエッチなことをする場所です。そこに足を運んでおいて、俺はエッチなことなんてしなくてもいいんだぜとアピールすることになんの意味があるのでしょうか。そういうお店に来る時点で助平であることは確定しているじゃありませんか。この手の男性を目に前にしたとき、風俗嬢はきっとこう思うことでしょう。じゃあなんで来たの?


やることはやったほうが良い

風俗店に来て何もしないというのは、かっこいいことでもなんでもありません。むしろ気持ち悪いです。風俗嬢はきっと、「ははーん、この人、自分は他の男とは違うとアピールして、私とプライベートで付き合おうとしているな?」と思うことでしょう。下心丸出しの男が格好をつけて誠実ぶっているわけですから、もはや滑稽ですらあります。

デリヘルなどであれば、プレイをする以外にも楽しみ方がありますが、店舗型の風俗店では、プレイをしない場合「おしゃべり」しかすることがありません。風俗嬢は男のそれを一本抜くくらいどうってことないのです。それが大変だと思えば風俗なんかで働きはしないでしょう。おそらく、友達でもなんでもない男の下心丸出しのかっこつけを目の当たりにしたり、お悩み相談、愚痴を聞かされることのほうが、彼女らにとっては苦痛なのではないでしょうか。風俗に行ったら、やることはやったほうがいいと思いますよ。