世間話や飲み会…あえて「ヌかない」デリヘルの使い方

自宅やホテルに女の子を招くのがデリヘルです。玄関にて挨拶を済ませた後は、通常であれば性的なサービスを受けることになります。お金を支払っているわけですし、デリヘル嬢ももちろんそのつもりで来ているわけですから、性的サービスを受けるのは全く咎められることではありません。しかし、中には性的サービスを受けず、一風変わった要求をするお客もいるのです。今回は性的なサービスだけではない、デリヘルの楽しみ方をご紹介します。


世間話や宅飲み…デリヘルの使い方はさまざま

「高いお金を払っているのだから、エッチなことしてもらうでしょ?普通…」、その考えはもっともです。ごく当たり前のデリヘル利用方法といえます。その一方で、自宅に招いたデリヘル嬢とただただ世間話をしたり、お酒に付き合ってもらうだけ…というお客もいるそうなのです。

こうした利用方法を信じられない男性もいるかもしれませんが、お金を払っている以上、モラルを保ってさえいればどんなサービスも受けていいことになります。必ずしも性サービスをしなくてはいけないというルールを掲げている風俗店はありません。それを考えると、これもデリヘルの全うな利用方法といえるのです。

このようにデリヘルを利用する男性は、女性とのふれあいに飢えているというところでしょう。もちろん、「キャバクラでいいじゃないか」という意見もあると思います。それでも、二人っきりになれる、お触り可といったデリヘルならではのメリットを考えると、お金を払う価値は十分にあると言えるでしょう。


エッチなことをしないのは女性にとってもうれしい?

百戦錬磨のデリヘル嬢であっても、性サービスには大なり小なりのストレスを感じます。それは、どんなに笑顔でサービスをしている嬢でも同じことです。それだけに、上述したような性的サービスを要望しないお客に出くわすと嬉しいというのが、デリヘル嬢の一般的な意見のようです。

一目で恋に落ちてしまうような美しいデリヘル嬢と出会ったなら、好印象を与えるために世間話のために呼んでみるのもいいかもしれませんね。ちょっとしたホームパーティーを催しても、喜んでもらえるでしょう。性サービスを要望しないことが逆に失礼になるのではないか?と考える男性もいるかもしれませんが、彼女らは性的なことは仕事として割り切り、辟易しているはずです。あえて、エッチなことをしないほうが絶対に好印象です。


「やっぱり(エッチなこと)してもいい?」は禁止ワード

今日は話したり、飲んだりしたいだけと言っておいて、後からやっぱり性サービスをお願いするタイプの男性は風俗嬢から一番嫌われます。風俗嬢としては、仕事モードを解いて気を許しているわけですから、無理からぬことです。男なら一度口に出したことは守りしょう。

こうした「やっぱりヌいて!」は風俗嬢の業務妨害になってしまうこともあります。風俗嬢は結構プロ意識が高いので、お客が射精するまでの時間をしっかりタイムマネジメントしているのです。世間話で前半の時間を消費したのであれば、制限時間内に射精させるために余計な労力を使わなければなりません。

いかがでしょうか?風俗で遊びつくしている男性は、逆にデリヘル嬢と世間話だけしてみるのも面白いかもしれませんね。会話で好感度を与えらればプライベートでも会える仲になるかもしれませんよ。