嬢に聞いた「こんな中年はイヤだ!」

モテるオジサマとモテない中年、この差はいったいどこにあるのでしょうか。見た目?性格?プレイ?それとも他の何か?どうせ肌を合わせるならば少しでも好意を持たれたいと思うのが男心というもの。風俗嬢に聞いた「NG中年」をチェックして非モテを脱出しましょう!


1.説教臭いのはイヤだ!

プライベートでも嫌がられる「説教臭い中年」という存在。密室で二人きりの状況になる風俗では、女の子にとって逃げ道もないため本当に嫌われる人種です。Hなことを楽しむ場なのにいきなり見ず知らずの男性から怒られれば女性だっていい気持ちでプレイはできません。「自分だってこんなところきて遊んでるくせに」なんて思われて、作業のようなHで終わってしまうかもしれませんよ!


2.テクニック自慢はイヤだ!

重ねた年齢と同じく、ベッドの経験だって積んでいるのが中年というもの。女の子と二人きりになってイザ勝負!といきたいところですが、無駄にテクニックを披露するのはいけません。たとえ若い嬢だとしても彼女らは性のプロです。我々以上にHに関しては修練を積んでいるわけですし、小手先の技では満足するどころか呆れられてしまうのがオチでしょう。


3.体臭がキツい人はキツい!

加齢臭問題は中年男性すべての悩み。でも困っている人は本人だけではありません。日常生活であればちょっと距離を取ってみたり、服を着替えてみたりと方法はいくらでもありますが、肌を直接合わせる風俗では難しいところ。臭いを完全に取り去ることは無理ですが、たとえばムダ毛処理するなど身なりを整えて清潔感を演出すると緩和されます。なるべく小奇麗な雰囲気つくりをする意識をしてみてください!


4.ネチネチしたプレイは微妙!

風俗に限らず、普通の女の子でも微妙と感じている人が多いのが「中年男性のネチネチしたH」。中年になると勃起力が弱まっているせいでどうしてもプレイ時間を長くとりがちです。それ自体は仕方のないことですが、ただ長ったらしいHは嫌われてしまいます。人によっては同じ場所を同じようにずっと責めてくる人もいるのだとか。さすがに女の子の方も呆れてしまいますよね。マンネリを感じさせないようにするプレイの仕方を意識していきましょう!


5.番外編:勃起しない人は……

年齢とともに弱まるのが勃起力。中年にとって最大の悩みですが、実は風俗嬢も困っています。「自分のテクニックがなかったのかな」「お金を払ってもらってるのに申し訳ないな」という気持ちになってしまい、性のプロとしての自信が少しだけなくなってしまうのだそうです。イザというときに勃たないのは男にとってもプライドが折れる瞬間。風俗ならHをすることが事前にわかっているわけですから、お互いのためにもバイアグラを飲むなど事前準備をすることをおすすめします!繁華街の近くにあるED専門クリニックなら、普段から気軽に利用できますから探しておいてみてはいかがでしょう。
バイアグラには飲み方にコツがあったりするようなので、まずはコチラで学習してからクリニックに足を向けてはいかがでしょうか?⇒バイアグラの飲み方・効果・副作用はいかに!?

風俗嬢からモテる第一歩は嫌われないこと!彼女たちの本音を知って、好感をもたれるオジサマを目指していきましょう!