ケチは嫌い?割引を積極的に使用する客を風俗嬢はどう思う?

風俗で遊ぶときに、各種割引を利用する方も少なくないと思います。たとえばホームページ割やクーポンなど、色々な割引がありますよね。しかしなるべく料金を安くしようとするのは、なんだかケチみたいで、気が引けるところもあります。果たして風俗嬢は、そのように割引を積極的に利用する男性のことをどう思っているのでしょうか。この記事では風俗嬢に直接聞いた話を踏まえ、彼女らの考えをお話ししたいと思います。


風俗嬢はケチを嫌う?

風俗嬢はお金が大好きである。そのように考えている方も多いでしょう。しかし彼女らは本当にお金が大好きで、ケチな男を嫌っているのでしょうか。

もちろん、ケチより太っ腹のほうが良いでしょう。が、プロ意識の低い子の多い風俗、たとえばピンサロなんかだと、金の亡者みたいな子はほとんど見かけません。学費を稼ぐためとか、借金を返すためとか、そんな子ばかりです。お金はあるに越したことはないのですが、だからといってケチな男を嫌うということは、ピンサロなどの格安店で働く女性に限っていえば、無いと思います。

そもそも、ピンサロは基本時間給です。したがって、その男性がケチであろうとなかろうと、給料に直接関係することはないんですね。指名されると給料がいくらか上乗せされますが、それもたかが知れたものです。風俗には業態に関わらず指名無しの客が圧倒的に多いので、嬢にしてみれば、そのうちの一人という感じで、特別「ケチだ」という印象を受けることはないでしょう。私が以前出会ったとあるピンサロ嬢は、「使うもんは使ったほうがいいよ!」と言っていました。その理由は、自分の給料に関係がないからだそうです。


プロ意識の高い風俗嬢はお金大好き?

それではデリヘルやソープはどうでしょうか。これらの風俗は、客がどのコース(プレイ)を選択するか、そして直接のチップをいくら渡すかが、嬢の給料を上下させます。たとえばデリヘルであれば、コースバックといって、客が選択したコースの何割かを給料として受け取ることができるんですね。コースバックが50%の場合、10,000円コースの客につけば5,000円、20,000円のコースの客につけば10,000円もらえます。この仕組みだと、気前の良いお客さんのほうが好き、となってしまうのは無理もないことだと思います。

デリヘルやソープなどの高級風俗は、ちょっとしたバイト感覚で働くには重労働すぎます。この手の風俗には、自らを職業風俗嬢と自認する、プロ意識の高い女性が多いのです。では彼女らはなぜ、他の職業ではなく風俗を選んだのか。それは、OLとして働くよりもたくさんのお金を稼げるからでしょう。つまり高級風俗店には、どちらかといえばお金の好きな方が多いのであり、そこではケチな客は嫌われる傾向にあるということです。実際、この手の風俗には「次はもっと長い時間であそぼー」とかなんとか、おねだりしてくる子も結構います。


格安風俗なら問題なし!

割引は格安風俗店であれば、いくら使っても構わないと思います。その店が時給制であれば、あなたが割引を使用することによって、嬢のお給料が下がってしまうということはないのです。逆に高級風俗店に行くときには、割引はあまり使わないほうがよさそうですね。そんなにお金を落とさない客のことを「細客」といいますが、そういう客に対しては手を抜く女性も多いので。プロの技を100%披露してもらうには、多少は奮発する必要があるのです。