覚えておきたい「ココまでデキる」ボーダーライン

性のプロと本能のままに絡み合う風俗遊び。人によっては気分が乗りすぎて「暴走」してしまうこともあるかもしれません。ある程度なら嬢も許してくれますが、あまりいきすぎると……嫌われたり、出禁なんて最悪な事態も!?どこまでがOKでどこからがNGかボーダーラインを知っておきましょう。


1.女の子へのタッチNGがある!

エステ店であれば、基本的に女性へのタッチが禁止なことが多いです。たまたま手が当たったくらいなら許容されますが、あからさまに胸を揉んだりお尻を触ったりすれば厳重に注意されるでしょう。お店によっては別途オプション料金を払うことでタッチOKになる場合もあります。事前確認はしっかりとしておきましょう。


2.ここまでしていいの!?というのがピンサロ

口でのサービスが主体のピンサロでは、けっこうハードなことも許容されます。キスや胸揉みなどの軽いペッティングはもちろん、実は膣への指入れ・激しいピストンも可能です。女の子によっては口以外にも巨乳を使ってのプレイもOKの場合もあります。基本的に本番以外であれば女性の承諾があったり、他のお客の迷惑にならない限り許されています。愛好家たちの間では常識ですが、初めての人だと予想以上のハードさにビックリするかもしれませんね。


3.出禁になるボーダーライン!

風俗を利用するものにとって最もショックなのが出禁通告されること。普通に遊んでいればあり得ませんが、ちょっとハメを外すとお店から要注意人物の烙印を押されてしまいます。店舗側としては「女の子は商売道具」です。お客が故意に嬢を傷つけるなどのことをすれば出禁対象となります。たとえばAVを真似て激しく膣を指でピストン運動させ、出血させてしまった、などの場合は厳重注意をされます。その後も何度も同じことが起これば“悪質な客”として出禁になるわけです。肉体的なことだけでなく、ストーカー行為や嬢を必要以上に怯えさせる乱暴な言葉使いをする客も注意、出禁という形がとられる可能性があります。お酒を飲んでいる時などはついついハードなプレイをしてしまったり大声で話してしまいがちですが、“危険な客”としてお店からマークされないように気を付けましょう。


4.絶対にNGになるもの!

当然ですが風俗店での本番行為は絶対にNGです。お店のルールとして明記されていますし、法的にもアウトなのでやめましょう。それでも中には「お願い一回だけ!」と懇願する人はいるかもしれません。バレなきゃいいでしょ?と思っているかもしれませんが、女の子的には「みっともない大人だな」と思われるのがオチ。風俗嬢からモテるという観点でいえば完全にNGです。良識ある大人として、風俗は風俗として遊びましょう。もちろん、女の子を口説いてからプライベートでなら問題はありません!Hをしたいなら我慢して頑張って風俗嬢と親密な関係になりましょう!