実は当たり前じゃない?風俗で行えないAVプレイ

風俗を利用する男性のほとんどはアダルトビデオを見ているのではないでしょうか。日頃はアダルトビデオで性的興奮を高め、いざというタイミングでヘルス、ピンサロ、デリヘルといった性風俗を利用する、という男性も多いはずです。いつもは画面越しに見ていた女性の体が目の前に現れることによる興奮は相当なものでしょう。しかし、気を付けなければいけない点があります。こうした男性の多くがAVでのプレイを風俗に持ち込んでしまうのです。過度なサービスの要求は女の子に嫌われてしまうのはおろか、店から強制退去させられかねません。今回は、興奮しすぎた男性が要求してしまいがちなサービスのNG例をご紹介しまうす。


着衣プレイは特別なものと理解せよ

裸ではなく、服を着たままの女性に性的興奮を覚える男性も多いはずです。いわゆるコスプレでの興奮もこちらに分類されるものでしょう。アダルトビデオでは服を着たまま性行為を行うのは、そう珍しいことではありませんね。しかし、風俗においては専門点やオプションでのみ可能になる特別なプレイだということを忘れてはいけません。

風俗店では通常、客も風俗嬢も裸になってプレイします。最初から裸ということはほとんどありませんが、女の子が来ている服は店から貸し出された衣装なのです。いくら男性の劣情を誘う制服、OL、ナースといったコスプレをまとっていても、プレイにいたると結局脱いでしまうのが一般的です。こうした衣装は複数の女の子で着回しをする、プレイによって汚れることがあってはいけないという背景から、着衣でのプレイをお願いしても断られてしまうことが多いのです。そのため、是が非でも着衣プレイがしたい場合は、着衣プレイ専門店か着衣プレイをオプションとして提供している店を選びましょう。


ごっくん、ぶっかけは有料オプションのみ

精液を飲んでもらう通称「ごっくん」、精液を女性の顔にかける「ぶっかけ」もアダルトビデオであればスタンダードな行為です。AV女優は皆一様に、当たり前かのようにこうした行為を行いますね。しかし、もちろんこれらは女性にたいして大きなストレスを強いる行為です。風俗店では通常、限られた女性だけができる有料オプションになります。

もちろん、精液の軌道は制御できないことがあります。うっかり風俗嬢の顔にかかってしまうことはあるかもしれません。その程度であれば、風俗嬢も慣れているでしょうから問題になることはないでしょう。しかし、有料オプションとしてぶっかけを選択していないにもかかわらず、明らかに故意に女性の顔に精液をかけるようなことがあれば、即座に退店を要求されるでしょう。最低限のデリカシーがあればわかる話かもしれませんが、アダルトビデオと共に育った男性には、意外とこうした行為を当たり前だと勘違いしている人も多いのです。


「うっかり指入れ」にも注意!

アダルトビデオでは男性が女性器を愛撫する際、女性器に指を挿入します。あまりにも当然のように行われる行為ですから、風俗店でもうっかりやってしまう男性も多いかもしれません。意外に思われるかもしれませんが、この指入れも通常の風俗店では禁止されている行為なのです。

男性としては良かれと思い行うこの指入れですが、一日に何人もの客を相手にする女性の女性器にとっては大きなダメージとなります。体の中でも特にデリケートな部分ですから、簡単に傷ついてしまうのです。風俗嬢を嫌がらせてしまうのがオチですから、やめておきましょう。

上記したような行為が禁止されていることは風俗慣れしている男性であればすでに心得ているかも知れません。また、重要な禁止行為は事前に店側から説明があるでしょう。しかし、日頃のアダルトビデオ鑑賞で当たり前の行為の中には風俗店に持ち込めないものがあることを、風俗ビギナーの方は覚えておきましょうね。