アリ?ナシ?風俗前のアルコールの是非

職場の先輩、上司との飲み会の後、風俗をおごってもらった、という経験をお持ちの男性も多いのではないでしょうか。さて、そんなときの風俗、思う存分楽しめたでしょうか?答えはおそらくYES、NOで半々程度といったところでしょう。風俗に行く前のアルコールはさまざまな問題の原因となります。今回は、酔って風俗に行くことの是非について検証してみたいと思います。


気持ちが大きくなったときこそ財布の紐は固く!

複数人でわいわい飲んだ後の風俗は、楽しいものです。女の子がいわゆる「アタリ」であっても「ハズレ」であっても終わった後の話のネタになるでしょう。しかし、万が一「大アタリ」をひいてしまったときは考え物かもしれません。

酔っているときは自制心が効かないものです。あてがわれた風俗嬢にどっぷりはまってしまえば、延長に次ぐ延長を繰り返したり、高額なオプションを追加してしまったりといったことは十分に考えられます。気づいたときには財布がすっからかん…ということも聞かない話ではないのです。


「起たない」「イケない」といった致命的な問題も

アルコールによる弊害として一番心配なのが、男性機能への影響です。実際に、アルコールを入れた状態の体は、勃起しづらくなると多くの人が語っています。風俗に行って高いお金を払ったのに、起たない、射精できないなんてことになっては笑うに笑えません。

もちろんこの症状には個人差があります。アルコールを飲むことによって自分の男性機能にどのような影響が現れるのかは、普段の生活で確かめておくといいでしょう。さもなければ風俗店で情けない思いをするかもしれません。


気持ちが大きくなるなら吉と出る場合も?

日常的に風俗店に通っているような慣れた男性は例外として、風俗遊びはやはりスペシャルなイベントでしょう。慣れていない方にとっては、緊張で予約の電話を入れることすらままならないかもしれません。勇気をだして予約をしてみたけど、いざプレイに入ると全く楽しめなかった、という男性も多いのではないでしょうか。

上述したように風俗遊びにおいて様々なデメリットを引き起こすアルコールですが、緊張を和らげるという面ではいいかもしれません。適量のアルコールを飲んでおけば、普段の風俗遊びで感じがちな多少の緊張なら吹き飛んでしまうでしょう。仲間との飲み会がなくても、わざわざ風俗のために少しお酒を飲む人もいるくらいですから、女性を前にしてナーバスになってしまいがちな男性にとっては有効な手段と言えます。

繰り返しになりますが、これはあくまで「適量」でという前提の話です。酩酊状態のお客は風俗嬢に嫌われてしまいますし、何より通常はスタッフに来店を拒否されます。よしんば、サービスを受けられたとしても、覚えていないほど酔っていたらもったいないのではないでしょうか。

こうしてみると、やはり風俗前のアルコールはデメリット多いことがわかりますね。気持ちが大きくなるというメリットはあるものの、アルコールに頼らず風俗遊びができるならそれに越したことはありません。飲み会の流れで風俗に…ということも多いかと思いますが、その際もトラブルを避けるために、酔いが深ければ風俗を遠慮したほうが賢明でしょう。